« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月12日 (土)

癒されたぁ~

今日は高砂淳二さんの写真展『虹の星』展に行ってきました。

すばらしい写真展でかなり癒されてきました。やはりパネルで見る写真は俄然良いですね。写真集をゆっくりと家でくつろぎながらというのもそれはそれで良いのですが。

当然のことながら、虹だらけでした。そしてその会場に足を一歩踏み入れただけで思わずため息が漏れてしまいました。会場には部屋が二つあって、昼の虹夜の虹に分かれていました。とにかく素晴らしいの一言に尽きます。写真には多分二通りのタイプがあって、写真がググッとせまって訴えかけてくるものと、それとは逆にこちらから思わずのめり込んでいってしまうものと。淳二さんの場合、後者だと勝手に思っているところです。色々なところを旅してきたようなそんな気分にさせてくれました。

ここしばらく、とあるフォトコンテストの出展準備でとにかく忙しく、気ばかり焦って頭の中がトッ散らかっていたので、良い休憩になったし、改めて冷静に作品を見直す機会にもなりまた刺激にもなりました。頭の中がリフレッシュできたので、これからいくつかある締め切りに向けて煮詰めていけそうです。

今日はとても良い一日でした!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

ハッチアウト!

 ついに始まりました。アオリイカさんのハッチアウト。

 今回のハッチアウトは6月の中旬に行われた産卵で付けられた卵塊からです。

 よく卵の中をのぞいてみると本当にちっちゃいけれど、ちゃんと目ん玉もありーの、あしもしっかりありーの、れっきとしたアオリイカの姿をしているんです。

 ハッチアウトは卵を作っている外膜が薄くなり、それが破れることで中の赤ちゃんが外に飛び出していきます。

 卵の中にいる時は白い体をしているアオリイカの赤ちゃんは外に飛び出してから暫くすると、血が通ったかの様に赤みを帯び茶色の斑点を体に浮かび上がらせます。そして勢いよく墨を吐きながら泳ぎだしていくのです。墨を吐くことで外敵から身を守ろうとする言わば分身の術。こんな産まれたてのこの時から彼らは身を守る術を惜しみなく使っていくのです。本当に感心させられてしまいます。いかに自然界が厳しいのか、すでに本能=DNAがそれを知っているのですね。

 実際本当に自然は厳しいのだということを、彼ら自身の身をもって目の当たりにすることがあります。ハッチアウトして泳ぎだした瞬間、それを待ち構えていたかのように他のお魚さんが勢いよく近づいてきて一瞬のうちに彼をパクッと飲み込んでしまうことだって、普通にあるんです。思わずWooooooと声を上げてしまうほどに、無情な瞬間です。

 彼らにとって生きるということがいかに不完全で不安定であるのか、彼らのハッチアウトに立ち会うということはその厳しくかつ不確実な生き様を目撃することであり、人である自分自身がいかに確実で恵まれた誕生をしてきたのかを改めて認識する瞬間でもあるような気がします。

 ハッチアウトとは…think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

虹の星!

 7月になりましたね。一年の半分がもうすでに終わって後半戦ということですか…。

 海の中は『この時期にしては』ということで、まずまずの状態で安定しています。表面には確かににごりはあるのですが、水底に降りてしまえば7メートルぐらいの視界は確保できます。

 砂地にはコロダイの中成魚が群れを作り始めました。コロダイさんは夏までには大人になってしまうので、模様が綺麗なのは今のうちです!そしてアオリイカさんがいよいよ僕たちの目の前に姿を見せ始めました。まだ単体での行動ですが、固体としてはかなり大きいものばかりです、近々産卵シーンに出会える可能性大です!

 先日高砂淳二さんのイベントに参加してまいりました。『虹の星』という写真集が発売されその作品展が始まります。そのプレイベントといったところでしょうか。

 久しぶりにお会いするわけですが、実際にお会いすると『やっぱり、すごい人だなぁ』とつくづく感心させられます。そしてやっぱり(=アロハのイメージがあまりにも強いので)アロハでした。冬にお会いすることがないので冬はどうされているのだろうと密かに思っている次第です。

 肝心の内容ですが、今回の写真集の撮影秘話を初め、これまでの写真にまつわる話など貴重なお話がたくさん聞けました。

 特に『撮影のチャンスは偶然に訪れるのではなく、情報を集め研究や思考を重ねてこちらから迎えに行くものなんだ』という話は特に印象的でした。それがシャッターチャンスをものにする基本スタンスであると。そして現場では最後の最後まであきらめず常に考えるということ。すべての写真はそんな弛まぬ努力から生まれているのだということを改めて実感させられました。

 自分はまだまだ努力が足りないなと痛感させられました。

 他にもたくさんのお話を聞くことが出来ましたが、また折に触れ紹介できればと思います。

 今月2日から始まる写真展楽しみです!happy01

Takasagotenn_007_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »