« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月17日 (日)

今年もここから…

_dsc33390001 “光陰矢のごとし”ブログを立ち上げて今日で1年が経ちました。ありがとうございます。何気に続いてるなぁ、と正直驚いています。とは言うものの別段これといって特別な話があるわけでもなく、いつもどおりの更新です。

 毎年必ず気になっていること。この時期になると決まって通勤路の金網フェンスからお花が飛び出してきます。『あっ、今年もだ!』といっているうちに、毎回あっという間に刈り取られ(むしられ?)てしまうのです。何となくいつも残念に思っていました。特別に手をかけて栽培しているという風はないので、なんだか整然としない体裁で壁際に生えています。その紅い花が緑のフェンスからち_dsc34010001ょこっとだけ顔を覗かせるのです。とても目立ちもするのだけれど、なんとも茶目っ気たっぷりで…。チェリーセージ。中米産のハーブです。今年もまた顔を出しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

その花、元気印!

_dsc32440001 今時分、至る所で見かけるハルジオン《春紫苑》という雑草。『春に咲くシオン‘紫苑’(キク科)』という意味をその名に持つ野草です。関東では晩春から初夏にかけて場所によっては群生して、一面をその花で埋めていきます。その花は小さいけれども、そこは明るくて元気で溢れています。その花は雑草魂が咲かせるshine元気印shineなのだ!happy01

清浄な空気で育った花は少し紫がかる、らしい。_dsc32510001_4             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

ピタンチット?のシャワー

_dsc32260001_2新緑の季節、森の木々が不思議なくらい輝いて見えます。そしてその不思議な美しさに触れると何処となく心が和むようです。森林浴効果とは果たしてあるやなしや。実はこの時期木々の成長に伴って自らを害虫から守るために樹木はある成分を発します。それが【ピタンチット】という成分。この成分が人に対し癒しや精神安定の作用をもたらすとか。新緑の魅力、それは単に視覚的なものではなく、ピタンチットの魔法でもあったのです。

いざ、ピタンチット体験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

19時00分の夜空

_dsc31420001  noteな~んにもない な~んにもない まったくな~んにもな~い う~まれ~た~ぁ う~まれ~た~ぁ星がひとつ~ 暗い宇宙にぃ~星がひとつぅ~生まれた~ そして~朝が~来て~やがて~夜が訪れたぁ~notes  ふと見上げたら、そ~んな昔の懐かしい歌が不意に口からこぼれてしまう、そんな空でした。春の夜空に一番星、見つけました。

一番星は願いを叶えてくれたっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »