« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

風と共に…、終わりゆく夏の空 2009

_dsc40280001_2

 依りによって8月最後の日に台風とは…。しかしながらその空の移りゆく表情はまさに七変化、台風ならでは!楽しませてもらいました。

 台風Before & After!台風の接近と共に空模様はとても怪しい雰囲気に。言うならば"The nightmare before X'mas" !(=ティム・バートンのミュージカルアニメです。)の世界。しかし台風が去った後の空はそれはもうすでに“秋の空”。ご存知"HarleyQueen Romance"の世界(ちょっと古いッ??)。~どちらもまた勝手なイメージ。あしからず。~

 夏は、狂風と共に…。 8月_dsc40710001最後の日に素晴らしい夕焼けに出会えました。                                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

Twilight~終わりゆく夏の空 2009

_dsc35700001 松の木林の向こうに見る薄暮の空。ここにも夏の終わりを告げる空がありました。曖昧が故のつかの間の美しさ。日本の夕焼け、和風トワイライト。

辺りではすでに、秋の訪れを待つ鈴虫の音が響きわたっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

薄暮~終わりゆく夏の空 2009

_dsc35580001 夏の終わりを薄暮の空に感じるようになりました。日が沈むとめっきり涼しくなります。夏が終わっていくこの感覚、やはりこの時期は寂しさが心の中に入り込んできます。低く流れる雲に街の灯りが反射してとても奇麗です。晩夏の寂しさを埋めるかのように、これからは夕暮れ時の空に心が満たされていくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

芍薬、牡丹、そして歩く姿は…  A beautiful hope.

_dsc34590001 暑さ残る夏の夜、雑草に紛れて咲く一輪の花。夜風に吹かれながら、その白さが殊更清らかで涼しげに感じられました。夏のこの時期から秋にかけて時折目にする花です。その容姿様相に似合わず強靭な生命力を持ち合わせているとのこと。この混沌の茂みに花を咲かすだけのことはあるようです。

《高砂百合》=タカサゴユリ。花言葉は無いようです。あえて付けるなら『希望』。勝手なイメージです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

夏の夜の営み~OH MY GOD!

_dsc34490001

 夏の夜、コガネムシもお花が好きなのね!って、コイツお花を食ってる~。好きには違いないけれど…、そういうことなんです!食べられているのはマツヨイグサ。夜を待つがごとく、夕方になると花を咲せ始めることから《待宵草》。しかしなんとも哀れ。そして食べているのはアオドウガネ。昆虫についてさして詳しいわけではないので、まさか食べているとは…。顔中を花粉だらけにしてどんどん食べていきます。ちなみにマツヨイグサの花粉は粘液糸でつながってい_dsc34470001るので否応なく体中に絡み付いていきます。少なくともこれで花粉が旅に出て結実するのなら多少は救われる(報われる?)、のかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

灼熱の陽が今日も…、夏は短し

_dsc32450001 何も変わることなく時は刻まれ、ごく普通に太陽は昇りそして傾き、いつものように一日という時間は終わりを迎えていく。そして何一つ変わることなく時は再び明日を連れて来るのです。

でもなぜだろう、夏の日の夕暮れは、何処となく切ない。夏という季節は…、何処となく始まった時からもうすでにその終わりの気配が見え隠れしているような、それが気になって仕方ないのです。今日も美しき夕日と共に夏が一つ終わっていきました。

ただ今年の夏はいつからはじまったのだろう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »