« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月24日 (土)

17:09の夕闇

_dsc46830001  だいぶ暗くなるのが早くなりました。まだ感覚が慣れていないせいか、ずいぶんと遅い時間に感じられてしまいます。まだ5時を少しまわったばかりだと言うのに…。行き交う人々もどことなく少し急ぎ足しに感じられる夕暮れ時。家路につく人、アフター5を楽しむ人、それぞれの足音は夕闇の訪れと共に明かりを灯す街中へと消えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

AOI-SORA

_dsc44760001 真っ青な空にぽかりと浮かぶ雲ひとつ。 やがて雲は風に煽られ形を消していく。何ひとつ残らない空が広がって、そこに一羽のトンビがやってくる。何も無くただ青い空、風に身をゆだねて俯瞰する。何処までも高くのびる青い空。こんな空は本当に気持ちがよい。_dsc44720001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

対照性~台風18号の空

_dsc44370001 台風18号、台風からの位置でかなり明暗が分かれたようです。関東近県を通過する中、頭上低く流れいく雲は時折切れ間を見せて、秋の青空をのぞかせていました。雲下の暗さと上空の青さ、互いにその違いを際立たせる光景はただただ不思議で、暫くの間、形を変えながらも目まぐるしく繰り広げられていました。雲の上と下、どちらもそこにある世界で、ただ辺りは特異な雰囲気に包まれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

名月の記憶

_dsc44070001  note月がぁ~でたでぇ~た~あ 月が~あ~でたぁ~あ よいよいnotesっと。みんな歌ったのでしょうか?今宵月が出ました。

十五夜、中秋の名月。しかし不思議なものです、月というものは。太古の昔より変わることなく満ち欠けを繰り返すこの月に、先人は見上げては様々な思念を抱き、馳せてきました。そのことを思うと、あの影の正体が何ものであるのかを知り得た今でさえもまた、かつてのロマンに少し心が潤う気がするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

暑さ寒さも…

_dsc42770001  夏のせわしさもいい加減落ち着いた頃、いつの間にか至る所で花を咲かせているのに気付きます。“また今年も咲いたか”と、秋を実感させてくれるのです。独特な風合いを持ち、特に好きな花でもあります。この花の性より忌み嫌う人も居るようですが、別称『曼珠沙華』とも。なんとも有難そうな名を持ち合わせているものです。花の寿命は特に短く彼岸を過ぎると途端に姿を消していきます。『彼岸花』とは、まさしくも、です。

いよいよ中秋、少し肌寒くなってきますかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »